考え方

2019年の地味ハロウィンの仮装にお役立てください。


昨日はハロウィンでしたね。

ハロウィンなんて興味がない!!!

と言いつつも、どこかしら自分に言い聞かせているような自分がおり

「あぁやって仮装したらおもしろいんかなぁ。」とか思いながらも

2年連続、仮装を見届けながら、フィットネスに行っております。

そんななか見つけたんです。僕でもできそうなハロウィン。

日経MJの記事で見つけた「地味ハロウィン」。

記事によると

・適度なおしゃれ感を絶妙に醸し出す友人の彼氏
・留学帰りのJD

という「そういう奴おる!」みたいな人に仮装するようで

これ最高に面白いだろうと。人観察が好きな僕からしてみればネタはたくさんあるわけです。

グレーのスウェットとキティちゃんのスリッパとピンクの財布を持って深夜にコンビニに出かけるギャル
ダメ男ばっかり捕まえちゃうガールズバー店員
話を途中で話をさえぎり「それは~」と意見を言ってくる取締役
メールでもいいことを電話してくるサラリーマン
人が良さすぎて、定員さんに後回しにされすぎて、怒りなれていないのに怒っちゃった人
店員さんに敬語使えない人
大人になっても地元の祭りとかに全力を注ぐ男子
子どもを抱っこしながら周りをキョロキョロしながら、「俺ってイクメンだろ」という雰囲気が醸し出してくる新米パパ
20代にも関わらず50歳手前の経営者と付き合っちゃって「同年代の男子は薄いんだよね」って言う女子
32歳で犬とマンションを買い出して独身を貫こうと思い始めた女子
大事に育てられすぎて、甘い考えになり、何でもできると思い込んでイケイケな雰囲気を出している大学生
笑う時に手をバシバシ叩いて、笑い声がかなり大きいおっちゃん
コンビニが混雑する時間に700円くじで、引き換えに時間がかかる商品を引いちゃった人
いまだに肩パットが入ったスーツを着ているサラリーマン
前髪がスカスカな感じのヘアセットをするバブリーな雰囲気が残ってるおばさま
俺のやり方が正しい!と言い張るものの、かなり極端な考え方の経営者
学生時代はモテなかったけど大手企業に就職して自信をつけはじめた30代のサラリーマン
50代の新人アルバイトに、強めの口調で指示しちゃう20代前半のドカタ系の責任者
すごくピュアでキレイな考え方で、ツカミどころが分からない人
デパ地下で急に立ち止まって後ろの人をビックリさせるおばちゃん
どんどん運気が下がってきた風俗嬢
レジ打ち&顧客対応コンテストで2位をとった超マジメ系女子
ネットワークビジネスにはまっちゃう52歳女性

こんな感じで無限に出てくるわけです。

来年はこのハロウィンに

・昼からフィットネスと日焼けサロンに通って全然仕事してない年商2億円程度のワンマン社長

もしくは

・メールのレスは短文にするべき。という意識高い系のポリシーを持ち過ぎて、単純に愛想が悪くなっているだけの社長

みたいな仮装で出席でもしようかと思います。