考え方

30代の働き方と今後の働き方について


こんにちは。38歳に見える31歳の河井です。

つい先日31歳になりました。

20代の頃と比べると

  • 出張明けの体力回復具合が遅い
  • ジム行った後、2日後に筋肉痛が来る
  • 夜11時には眠たくなる
  • 朝5時30分に目が覚めてしまう
  • 肉は赤身しか食べれなくなった
  • お酒を飲み過ぎても吐かなくなった
  • 新聞をめくる時に指を舐めるようになった
  • 新卒の子が話す言葉が分からなくなってきている
  • 若手俳優や若手女優がどれも同じに見える

という老いを感じております。

それでもまだ31歳バリバリのギャルです。

僕はこれからこうやって仕事していこう、人生を歩んでいこうというプランがあります。

今までもありました。

20代は失敗しようが何しようが「思いついたことはとにかくやる!」を意識していました。

これは学生の時からです。

というのも僕が学生の時はホリエモンがドーーっと出てきてベンチャーブームでした。

学内には

  • 俺は大学卒業と同時に起業する!
  • 200人を集めたイベントをする!
  • 学生ベンチャーを立ち上げる!

というやつがウヨウヨしていたのに、結局は

「口だけ番長」ばかりでした。

そういう環境でしたから「思いついたことは絶対やってみる。失敗したらすぐにやめたらいい」ということをモットーにした途端

「チャーハン作るの得意やから、路上でチャーハン売ろう」と思いついてしまった20歳の僕は

  • 区役所に行商登録をし
  • チャーハンを作らせてもらう飲食店を探し
  • 弁当箱や袋を業務スーパーで買い
  • 机などの備品をコーナンで買い
  • 自作でポップを作り
  • 売る場所に縄張りがあるということを知りく烏丸御池の交差点で、弁当を売っている人たちへあいさつ回りをし

チャーハンを売り始めました。

初日は50食分のチャーハンを用意しましたが、2食しか売れず。

そういう日をずっと続けて色々工夫しましたが、30万くらい損してやめました。笑

みたいに「何でもやってみる」というのが20代のモットーでした。

そこで「これや!」と思ったものを30代で極めて行こうと思っております。

20代 何でもやる。とにかく行動力を付ける

30代 これや!と思うものを極める

40代~50代 極めたものを事業売却(譲渡)し、現金20億程度の貯金を引っ提げて、30代に見つけたおもしろいことにチャレンジする。(余生を過ごす)

という感じで進めていきたいと思っています。

とにかく30代、40代、50代は

仕事 子供 家族 趣味 友人

全てを大事にし、バランスよくボチボチやっていきたいと思います。