交流

アフィリエイトマーケティングで感じること。


こんにちは。河井大志です。

久しぶりにブログを更新します。

今日は「アフィリエイトマーケティング」についてです。

たくさんの企業がアフィリエイトで売上を伸ばしたい!と思うようになってきました。

ここ1~2年は特に増えているなという印象です。

僕のところでも

「代理店(運用代行)の切り替えをしたい」
「新しくアフィリエイトマーケティングをしたい」

という問い合わせが1週間に2件~3件程度あります。

しかし、その認識の甘さに驚くことがたまにあります。

ASPに登録しておけば勝手にアフィリエイターが売ってくれるだろう

という認識です。

いやいやいやいや。

「何千件と商品があって」
「同じジャンルの商品も数十件とあって」
「競合は血眼になって毎月セミナー開いて自社商品を知ってもらったり」
「サンプルをアフィリエイターさんに配ってレビューしやすくしたり」
「獲得件数が多い人には特単を出したり」
「LPのABテストしたり」

と色々している中

ポッとASPに商品を登録して

アフィリエイターが山ほど売ってくれるほど、アフィリエイトマーケティングは甘くないのです。

そしてアフィリエイトマーケティングが他のWEBマーケティングとは大きく違うところが1つあります。

アフィリエイトマーケティングだけが「人の気持ち」が入るマーケティングということです。

他のWEBマーケティングは

「クリック単価を調整したり」

「クリエイティブテストをしたり」

いろんなところを、いじくりまわせば上手くいくものがほとんどです。

もちろんここには高度な技術やノウハウが必要ですが、人の気持ちは介在しません。

しかしフィリエイトマーケティングはアフィリエイターという「人」が商品紹介をしてくれるので

いくら報酬単価がよくても

いくらCVRが高くても

「この広告主さんの販売手法が気に食わない(定期縛りがある)」
「この広告主さんの成分より、他の商品の成分の方がいいので紹介したくない」
「過去にこの広告主さんと問題が発生し、信用できないので紹介したくない」
「個人的に他の商品の方が好きなので、紹介したくない」

などなど、ガッツリ「気持ち」が入ってくることが多いのです。

WEBマーケティングというと「なんかオシャレ」で「どことなく革新的」

と思うかもしれませんが

アフィリエイトだけは「非常に泥臭く」「人情味あふれる」マーケティング手法です。

特に「人情」とか「筋通す」ということが非常に重要になると思っております。

私が運営するアフィリエイト会員サービスALISAでも

アフィリエイターに筋を通すため、ASPさんに筋を通すため、セミナーを一緒にさせて頂いた広告主様との筋を通すため、代理店としてお手伝いさせて頂いている広告主様の筋を通すため、非常に細かい調整が必要になることがあります。

例えばアフィリエイトBというASPさんに紹介してもらった広告主様(ABC株式会社とする)があって、その広告主様の代理店様と協力してセミナーを開催したとします。

しかし広告主の意向により、その代理店はアフィリエイトBの商流から外れました。

アクセストレードだけ運用代行することになりました。

次回この代理店とその広告主様のセミナーをする際はアクセストレードというASPを使わないと意味がなくなるのです。

そこで平然とアクセストレードとこの代理店とABC株式会社のセミナーを開催したら、どうなるでしょうか?

一番初めに紹介して頂いたアフィリエイトBさんはどう思うでしょうか?

もしそんなことお構いなしに弊社がアクトレでセミナーを開いたなら、アフィリエイトBさんの協力は得られなくなるでしょう。

しかし、認識の甘い広告主さんはそういうことも分からず、どんどん進めていき、結局のところどこのASPの力も借りれないということにもなりかねないのです。

だからアフィリエイトマーケティングはおもしろいのです。

だからアフィリエイトマーケティングの運用は慎重にすすめないといけないのです。

だからアフィリエイトマーケティングに向き合わないとダメなのです。

アフィリエイトマーケティングは

ユーザーにとっては
商品を購入するために詳しいレビューを見ることができる
ランキングを参考にすることができる。

アフィリエイターにとっては
在庫を仕入れることなく、商品を販売すれば手数料を得られる

ASPにとっては
アフィリエイターと広告主をつなげることによって利益を得ることができる

広告主にとっては
売れた分だけ費用がかかるので、費用面でのリスクを軽減できる

という4社がWINになるマーケティング手法です。

広告主の皆さんにおかれましても、この構図をしっかりと意識し、人情味あふれ、筋を通し、しっかりとアフィリエイターと向き合っていくことが重要だと思います。